歯列矯正後の状態

■ 治療結果の見方: ⇒ ■ 不正咬合の治療目標
Class I
Class II
チェック事項 上下の歯は「2対1」の関係で,交互に隙間なくかみ合います. 上下の正中が一致し,上顎の歯が下顎の歯の外に2-3mm程度かぶさります.歯の正中は顔の真ん中とも一致します. 上下の歯は「2対1」の関係で,交互に隙間なくかみ合います.
※ここに示した咬み合わせの評価法は,じっとしている状態です.実際には,咀嚼(そしゃく:ものを食べる)時に正しく機能するように,また顎関節に問題がないかといった点についても確認しながら治療を進めます.また,歯根は平行に並ぶように,歯槽骨内に収まっていることが理想です.
 歯列矯正では,歯の大きさがうまく合わない時には,歯を修復してうまく噛めるように形態修正をします.また治療中・後に,歯根吸収やいろいろな問題が起こることがあります.