治療を始める前に

 

 治療を開始する前に知っておくべきこと 

 

 歯列矯正治療を受けるということは,主治医の選択から始まります.「矯正歯科治療とは,歯だけでなく,歯周組織やあご,骨の成長を含めた領域を扱う医療であり,決して歯並びだけを治すのではありません」 1-2年という期間に渡って通院し,時間に加えて高額な治療費(厚生労働大臣の認める疾患は保険診療になります)をお支払いいただくわけですから,主治医は慎重に決める必要があります.カウンセリングを受けた後は,即決,即答はせず,ご家族に相談したり,複数の専門クリニックにて相談した上で慎重にきめましょう.

 矯正歯科医療の治療技術の認定は,日本矯正歯科学会日本成人矯正歯科学会など,海外も含めると多くの団体によって認定制度が運営されています.国民に分かりやすくという観点から,来年度2019年よりは統一された専門医制度が開始される予定です.

 歯並びの治療は,

 ① 見た目を重視する 「美容医療(自由診療)」 の部分と,

 ② 顎変形症や先天性疾患といった 「保険医療」 の部分

に大きく分けられます.しかし,この二つの境界線の患者さまも多く,治療方法は多様であり,顎顔面矯正学の診断は,今後の状態に大きく影響します.

 近年,当院にも毎月のように治療途中の患者さまが治療相談が来られます.消費者庁関連団体からも,患者さまの「治療被害についての報告」が散見されるようになっています.

 矯正歯科治療は 「一生に一度」 の治療であり,一生のお付き合いになる医療です.そして,多くの不正咬合は,遺伝的要因も含んでいますので,あなたのお子様も歯列矯正治療は必要になります.ご家族ぐるみでお付き合いできるクリニックを選ぶべきとお考え下さい.

 厚生労働省,消費者庁からのお知らせ

検査結果と治療方針,治療期間,費用は? 

治療方針(抜歯/非抜歯/手術)の根拠は?

治療費には何を含むのか?

消費者庁

 保定期間中の通院,後戻りをした場合の再治療は?

引越しの場合の転医先は?

これらについて,納得できるようお尋ねください.

そして以下の内容は,十分にご理解下さい.

 

1.はじめに

2.よい咬み合わせとは?

   不正咬合の治療目標,原因と予防

3.矯正治療のリスクと限界

   いわゆる”顎関節症”

   歯肉退縮と歯周形成外科

   抜歯やアゴの手術について

4.相談・検査・治療の進め方

   ① 検査について

   ② 治療をはじめる時期について

   ③ 来院間隔について

   ④ 治療期間について

   ⑤ 治療が終わったら

   ⑥ 転医あるいは治療の中断について

5.使用する矯正装置

   ① クリア アライナー装置(いわゆる「マウスピース矯正」)

      ・歯科矯正用治療支援プログラム

        (クリンチェック®ソフトウェア)

   ② エッジワイズ装置ワイヤー矯正,Braces:ブレース)

      ・リンガル ブレース(歯の裏側の装置)

      ・エステティック(審美)ブレース

      ・メタル(金属)ブレース

   ③ アンカー スクリュー

   ④ エラスティックス(顎間ゴム)

   ⑤ 機能的顎矯正装置(可撤式装置)

   ⑥ リンガル・アーチ〔舌側弧線装置 〕

   ⑦ 顎外固定装置

6.患者さま・保護者への注意事項

以上の内容は,治療の説明のあらましです.

個人個人の歯並びの状態によって

説明と異なることがあるかもしれませんがご了承下さい.