治療を始める前に

 

1.はじめに

2.よい咬み合わせとは?

   不正咬合の治療目標,原因と予防

3.矯正治療のリスクと限界

   いわゆる”顎関節症”

   歯肉退縮と歯周形成外科

   抜歯やアゴの手術について

4.相談・検査・治療の進め方

   ① 検査について

   ② 治療をはじめる時期について

   ③ 来院間隔について

   ④ 治療期間について

   ⑤ 治療が終わったら

   ⑥ 転医あるいは治療の中断について

5.使用する矯正装置

   ① クリア アライナー装置(いわゆる「マウスピース矯正」)

      ・歯科矯正用治療支援プログラム

        (クリンチェック®ソフトウェア)

   ② エッジワイズ装置(ワイヤー矯正,Braces:ブレース)

      ・リンガル ブレース(歯の裏側の装置)

      ・エステティック(審美)ブレース

      ・メタル(金属)ブレース

   ③ アンカー スクリュー

   ④ エラスティックス(顎間ゴム)

   ⑤ 機能的顎矯正装置(可撤式装置)

   ⑥ リンガル・アーチ〔舌側弧線装置 〕

   ⑦ 顎外固定装置

6.患者さま・保護者への注意事項

以上の内容は,治療の説明のあらましです.

個人個人の歯並びの状態によって

説明と異なることがあるかもしれませんがご了承下さい.