― ヨーロッパ各国における歯科矯正医療の公的医療保障の現状(2010年6月)

欧州諸国では,ブルガリア以外のすべての国の,子どもの歯科矯正治療は公的医療保障/民間医療保険によって保障されており,ヨーロッパ各国においては子ども権利条約に示される 「こどもの健やかな成長,必要な口腔顎顔面の医療を受ける子どもの権利は確保されている.残念ながら,締結国でもある我国は,社会経済的な健康格差によって子どもの口腔の健やかな健康は不平等なままにされている理由はなぜだろうか? 

① 政策上,子どもの権利条約国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針子ども・若者育成支援推進法など,基本理念との乖離.

② 歯の位置異常は疾病ではないとする政府答弁と,「国際疾病分類(厚生労働省監訳)」あるいは国際的な認識との不一致.

「子どもがひとしく健やかに成長することの社会の実現」に向け,喫緊に是正すべきで課題はではないか? 

こども家庭庁設置法:こども家庭庁は、心身の発達の過程にある者(以「こども」という。)が自立した個人としてひとしく健やかに成長することのできる社会の実現に向け、子育てにおける家庭の役割の重要性を踏まえつつ、こどもの年齢及び発達の程度に応じ、その意見を尊重し、その最善の利益を優先して考慮することを基本とし、こども及びこどものある家庭の福祉の増進及び保健の向上その他のこどもの健やかな成長及びこどものある家庭における子育てに対する支援並びにこどもの権利利益の擁護に関する事務を行うことを任務とする。

 

別資料2016から ☛ 「子どもの歯科矯正」 における公的医療保障の国際比較(OECD加盟国)

1) OECD health Working Papers No. 90 (2016) How OECD health systems define the range of good and services to be financed collectively

2) Oral health care in Europe: Financing, access and provision, Health Systems in Transition vol.24 No.2 2022

 

European Orthodontic Health Insurance(2010)

 出典: EFOSA - European Federation of Orthodontic Specialists Associations から一部修正.日本語訳は以下に記載.

Country No Public Private Other Age limit Severe cases Noramal cases
  医療保険
なし
公的医療保険
あり
民間医療保険
あり
その他 年齢の上限 重篤なケース 通常のケース
オーストリア
ブルガリア            
ベルギー     22 €600+ €600+
キプロス       500 CP 500 CP
チェコ共和国     18 100% 50-80%
デンマーク       18 100% 65-100% ***
エストニア       19 100% 100% *
フィンランド       18 100% 100%
フランス     16 20-40% (public) 20-40% (public)
ドイツ     18 100% 100% ****
ギリシャ          
アイルランド         100% *** 100% ***
イタリア         100%  
オランダ     18 ±75% ±75%
ポーランド       12/13/18/21 100%  
ポルトガル            
スロバキア       18 100% Partly
スペイン            
スウェーデン       20 100% *** 100% ***
イギリス       100% 100% ***
クロアチア       18 100% 100%
アイスランド       21 50% €880
ノルウェー       18 75-100% 40%
スイス       100% 30-50% *****
トルコ       18-19    

* 政府からの財政援助がある場合は適用されます。
** 事故があった場合のみ
*** 治療が行われる場所によって異なります。
**** 一定の条件を満たした場合
***** 民間保険に加入している場合

 

European Orthodontic health Insurence

 

欧州医療保険委員会
欧州矯正歯科医療保険委員会  2010年6月

欧州歯科矯正専門医協会連合会(European Federation of Orthodontic Specialists Associations)

評議会

ラース・メディン 会長
アレクサンドロス・コッカス,副会長
フランク・デ・ウィンター 書記
クロード・ボウディラト-ミコル 財務
ミラン・カミネック 会員

欧州医療保険委員会

アレクサンドロス・コッカス 会長
クリスティン・ハイミスドッティル 委員
クリスチャン・シェーラー 委員

 

EU加盟国

オーストリア

歯科矯正医は、治療の難易度、装置、期間に基づいて設定された一般的なガイドラインにより、個々の治療に対する料金を算出します。患者は治療費の全額を歯科矯正医に支払い、保険会社から治療費の一部が払い戻されます。保険会社は10社ほどあり、会社によって返金される金額が異なる。

 

ブルガリア

国民健康保険、民間健康保険ともに、矯正治療は一切カバーされていません。

 

ベルギー

現在、ベルギーの0歳から22歳までの矯正歯科医療に関わる費用に貢献している主な支払者は以下の通りです。(15歳以前に需要が発生した場合)

 

キプロス

キプロスでは、矯正歯科治療は民間で行われています。民間保険会社は、通常、審美的治療とみなされるため、矯正治療費をカバーしません。銀行に勤めている場合のみ、銀行健康保険基金が2アーチの包括的な歯科矯正治療のために850ユーロをカバーします。
社会保障省は、政府から経済的支援を受ける人のために、2本のアーチの治療に2600ユーロを負担しています。

 

チェコ共和国

チェコ共和国では、すべての国民が健康保険に加入することが義務付けられています。国内には11の健康保険会社があります。矯正治療の適用範囲に大きな差はありません。この11の健康保険会社のうち、1社は国営で、残りの1社は国営ではありません。しかし、義務化された健康保険制度はどれも同じように機能しています。国民はそれぞれどの健康保険会社に加入するかを選択し、健康保険料はその会社に支払われます(従業員の給与の一部と雇用主からの一部)。保険会社は治療費や一部の薬代などを負担します。

矯正歯科治療は、専門医が個人で開業している歯科医院や大学病院の矯正科で行われます。保険会社は矯正専門医にのみ矯正治療費を支払います。

矯正治療にかかる費用は3つに分かれます:

1. 矯正歯科医への費用は、不正咬合の程度や患者の年齢制限に関係なく、全額が健康保険会社から支払われます。この料金は一律に決められており、患者さんが加入している健康保険会社と契約を結べば、それ以上の料金を請求することはできません。健康保険会社との契約を結んでいない矯正医はごくわずかである。

2. 固定式矯正装置の材料費は、全額自己負担です。

3. 取り外し可能な装置の費用で、裂孔や先天性顔面奇形の場合は100%、18歳までの小児の中・重度不正咬合の場合は80%、小異常の場合は50%、成人の小異常は0%が健康保険から支払われます。

 

デンマーク

18歳まで:

デンマーク国民健康保険委員会が定めた一定の基準を満たす不正咬合は、公的歯科医療サービスにおいて無料で矯正治療が受けられます。矯正歯科治療の水準を約25%に抑えることが目標です。歯並びや機能的な問題のリスクが高い場合には、治療が推奨されます。美容上の理由による矯正治療は、公的な歯科医療サービスでは提供されません。

患者さんやご両親が個人医院での治療を希望される場合は、可能です。この場合、両親は矯正治療費総額の35%を負担しなければなりません。残りの65%は市町村が負担します(基準を満たした場合)。

補綴物やインプラントの適応症がある場合、患者は18歳以降に地域(郡)から支給される可能性があります。歯列矯正は、公的歯科医療サービスにて行われます。

18歳以上:

一般的に歯列矯正の患者さんは、歯列矯正の治療費を全額負担しなければなりません。ただし、一般的な健康保険に加入している場合は、状況に応じて500-600ユーロが返金される場合があります。

矯正治療の一環として顎矯正手術が必要な場合は、全治療が無料となります。治療は地域病院(カウンティ)が行い、支払いを行いますが、多くの場合、矯正治療の部分は個人医院で行われます。

 

エストニア

エストニア健康保険基金では、19歳以下の方が以下の診断を受けた場合、矯正治療費の全額を負担しています。

1. アングルクラスIIディビジョン1(9mm以上のオーバージェットの場合
2. アングルクラスIII
3. 切歯または犬歯の残存
4. 切歯または犬歯を欠損している場合、または左右の小臼歯または大臼歯を1本以上欠損している場合
5. 唇顎口蓋裂やその他の奇形がある場合
6. 臼歯部のみ接触している開咬の場合

患者が19歳以上の場合、エストニア健康保険基金は歯列矯正治療費を負担しません。
矯正治療中に患者が19歳になった場合、その年の治療費は引き続き保険でカバーされます。
成人の場合、矯正治療費は保険金ではカバーされません。ただし、顎矯正手術の場合、病院の手術代は補償されます。

 

フィンランド

重度の不正咬合の患者は、市町村の保健センターで治療を受けています。18歳以下の子供は無料で治療を受けることができます。
それ以外の方は、主に大都市で行われている民間の矯正歯科治療を受けなければなりません。顎変形症の重症例を除き、患者はこの私的治療を自分で支払わなければなりません。
既存の保険会社では、矯正治療の費用はカバーされません。
しかし、外傷や重度の健康上の問題がある場合、必要な歯科治療や矯正治療の費用は保険でカバーされます。

 

フランス

フランスでは、16歳未満の歯列矯正は、最長6学期まで社会保障制度でカバーされます。患者は、社会保障省の歯科医に呼び出され、チェックを受けることができます。成人の治療は、顎顔面手術が必要な患者(この場合、1学期分が返金される)を除いて返金されません。

1986年以降、フランスの地域や歯科医の評判により、1学期500ユーロから1000ユーロの治療費が、社会保障制度により200ユーロ未満で払い戻されるようになりました。一般的に、患者は社会保障制度でカバーされない料金の全額または一部を負担する民間保険に加入しています。

2000年からCMU(国民皆保険制度)が適用された最貧困層を除き、歯列矯正の費用は無料です。例えば、マルチブラケット矯正は464ユーロ、その他の矯正は330ユーロです。

私たちの問題は、社会保障の償還保証額が20年以上変わっておらず、家族が負担しなければならないお金の一部が年々高くなっていることです。また、すべての患者さんが民間の保険に加入しているわけではないことも問題です。

歯列矯正や歯科治療の一部が社会保障制度から外されたり、眼鏡治療もそうなる可能性があるのではと危惧しています。この場合、治療費は社会保障制度から補助的な民間保険に移行される可能性があります。そして、これらの民間保険は、紹介先や開業医と独自の医療システム・ネットワークを構築することができるだろう。その費用は、最初に交渉されるか、むしろ固定されることになるでしょう。

 

ドイツ

ドイツには強制加入の健康保険制度がある。国民の90%以上が、250ある政府系保険団体(GKV)のいずれかに加入している。保険料は月収の約15%。保険料は、自営業者を除く家族全員をカバーする。自営業の人は自分で保険料を払わなければならない。

残りの10%は、公務員や軍人で、健康保険は国によってカバーされているか、民間の健康保険会社(PKV)の顧客であり、リスク(年齢、性別、個人の病歴)に応じて保険料が課される。PKVへの加入は、自営業者と過去3年間の年間総収入が43,500ユーロ以上の人に認められています。PKVでは、家族に対する無料の保険は提供されていません。

GKV、PKVともに、医療費は政府によって設定される。患者は医療費の請求書を保険会社に提出し、保険会社が患者に払い戻しを行う。

PKVと公務員グループには、個人が選択した保険の範囲に従って、医療費の全額または一部が払い戻される。歯列矯正の保険は通常18歳以下の患者に限られる。

GKVには、次のような数多くの複雑な問題がある。

 

ギリシャ

歯科矯正治療は、国と民間の両方から提供されている。料金に対する国のコントロールはない。ギリシャに住むすべての個人とその家族は、職業を通じて様々な社会保険基金に加入することが義務付けられています。
約133の社会保険基金が存在するため、財政と保障内容の調和がとれていない。

民間企業で従業員として働く人は、無料の歯列矯正治療を受ける権利がありますが、これは国営の診療所でのみ提供されています。

国家に勤める人(公務員、教師など)や自営業の中小企業経営者は、歯列矯正の保険が適用されません。一方、歯列矯正の治療費は、所得税から控除することができます。

それ以外の人たち、つまり医師、エンジニア、弁護士、軍人、銀行員、電気会社、郵便局、電話会社、報道機関に勤める人など、職業を通じて保険に加入している人は、民間の矯正歯科医に行き、合意した料金を支払うと、保険から所定の価格または矯正治療費の何%かが払い戻されるのだそうです。ほとんどの場合、この払い戻し額は1000ユーロ以下です。

民間の保険は、事故による必要性がない限り、歯列矯正治療をカバーしません。

2008年、政府は社会保険制度の改革を試み、多くの保険基金を一本化しました。2008年、政府は社会保険制度の改革を行い、多くの保険基金を統合し、5つの主要な社会保険基金になりました。しかし、歯列矯正の保険適用には、今のところ何の変化もありません。

 

アイルランド

歯科矯正治療は、国家と民間の両方から提供されています。

国による矯正歯科治療は、主に公的医療機関や国営の矯正歯科クリニックで行われており、ごく一部の治療は2つの歯学部の矯正科で行われています。歯科矯正の治療を受けるには、公衆衛生部門の一般歯科部門から歯科矯正部門に紹介される必要があります。現在、IOTNは治療の重症度を評価するために使用され、その結果、患者さんが公的医療を受ける資格があるかどうか、緊急度のレベルを定義するために使用されます。各保健医療圏では、コンサルタントが治療の総合コーディネーターとなり、資格を持った歯科矯正医がほとんどのクリニックで治療を行っています。保健所の矯正歯科は無料です。

民間企業では、料金に対する国のコントロールはありません。現在、矯正歯科治療をカバーする民間の健康保険会社はありません。しかし、歯科矯正治療にかかった費用は所得税に計上することができ、約20%の税還付を受けることができます。

警察官や刑務官など一部の国家公務員は、医療費と歯科治療費をカバーするためにグループ化し、独自の保険グループを立ち上げています。基本的にこの制度では、保険に加入している人は、家族一人につき年間約400ユーロを治療費として請求することができます。歯科矯正費用はすべて歯科矯正医に直接支払われ、保険会社から控除を受け、残りは民間と同様に税金を請求することができます。

 

イタリア

歯科矯正治療は、公的医療制度と個人開業医から提供されており、後者の割合が非常に高い(約90%)。

国民健康保険制度と連携している大学では、重度の疾患(口蓋裂、様々な症候群、希少疾患)や社会的・経済的に貧しい状況にある人々の治療を担当しています。地域の予算が限られているため、患者を非常に慎重に選ばなければなりません。

標準的な矯正治療費に保険が適用されることはありません。

しかし、2、3の大企業では、従業員や管理職のために、矯正治療費の一部(50%以下)を、限られた期間(最大2、3年)返金する私的統合基金を持っているところがあります。これらの払い戻しは、通常1000ユーロを超えることはありません。

 

ルクセンブルク

国民保険は ルクセンブルク国民保険(CNS)

17歳未満の歯列矯正治療:

取り外し可能な器具の場合 :
料金はCNSによって決定され、保険の適用を受ける開業医の同意のもとで管理されます。
保険適用期間は最長で27ヶ月です。

固定式器具の場合。
固定式装置の場合:料金は固定されておらず、上記の可撤式装置と同じ条件でCNSから払い戻されます。この場合、料金が高くなるため、45%で償還されます。また、治療期間は最大で27ヶ月を超えることはできません。

口蓋裂の治療はすべて無料で、年齢制限もありません。

成人の矯正歯科治療は払い戻しができません。

 

オランダ

オランダの医療保険会社で加入できる基本医療保険があり、その内容と料金の上限は政府によって定められており、すべてのオランダ国民に加入が義務付けられています。

唇顎口蓋裂と、それに準ずる重度の歯列異常は、この基本医療保険でカバーされます。その他の矯正歯科治療は私的なものですが、様々な民間の保険で(部分的に)カバーすることが可能です。私的な治療ではありますが、この矯正歯科治療の料金も国によって定められています。

民間の保険会社による矯正治療費用の還付方法は多岐にわたります。子供も大人も0~100%の範囲で適用されます。通常、保険会社は治療費総額の一定割合(±75%)を返金し、最大でも18歳までの子供で1500~2000ユーロの範囲になることが多いようです。もちろん、どの民間保険に加入するかはお客様の自由です。これらの「補足保険」は、歯科矯正だけでなく、より複雑な歯科治療や理学療法などもカバーしています。

 

ポーランド

ポーランドの保険制度は、すべての国民に健康保険料の支払いが義務付けられています。国民健康保険基金(NHF)と呼ばれる国の機関が、医療費の徴収と分配を担当しています。歯列矯正サービスは、保険加入者は限られた範囲内で無料で受けることができます。

NHFから払い戻される手続きは以下の通りです。

国民健康保険は、以下のような先天性顔面奇形を持つ21歳未満の子供や青少年に対するすべての歯科矯正サービスの費用も負担しています。口唇口蓋裂、顔面小顔症、トリーチャー・コリンズ症候群、アペルト症候群、クルーゾン症候群、ダウン症候群、ゴールデンハル症候群、ピエール・ロビン症候群、頭蓋・鎖骨症候群、外皮形成不全、脳障害に伴う奇形、長顔症候群、顎関節症などです。このような患者さんに返金医療を提供できるのは、多職種のスタッフがいる専門センターのみです。

 

ポルトガル

ポルトガルには特定の矯正歯科医療保険はありません。一部のポルトガルの保険会社(ごく少数)は、保険医療プランの中に矯正歯科医療を含めています。

 

スロバキア

I. カテゴリー

スロバキアでは、顎口腔系に著しい障害を持つ18歳以下の子供の歯列矯正は、公的医療保険により全額カバーされ、患者の健康を守ることができます。
これらの異常は以下の通りです。

a. 骨格性開咬
b. 側方セグメントの非咬合
c. 真性プロジェニア
d. クラスII不正咬合、9mm以上のオーバージェット
e. 唇顎口蓋裂、その他の先天性異常

II. カテゴリー

18歳未満の小児で、顎口腔系機能に著しい障害を及ぼさない異常、すなわち患者さんの負担による矯正治療が公的医療保険により一部カバーされています。
このような異常は以下の通りです。

a. 2mm以上の前歯部開咬
b. 切歯と顎骨側面の反対咬合
c. 外傷性歯肉を伴う深い咬み合わせ
d. 4.5~9mmの過蓋咬合を伴う突出性異常
e. 4本以上の成人歯の低歯列症
f. 犬歯の咬合不全、口蓋位、低歯列矯正
g. 上顎切歯の咬合不全

 年齢制限なく、以下の矯正治療は公的医療保険で全額負担されます。
下顎前突、骨格性開咬の術前矯正、先天性発育異常、唇顎口蓋裂、顎関節症、外傷。

その他(審美矯正、小さな歯列矯正など)や18歳以上の患者の治療費は自己負担となります。

 

スペイン

矯正歯科治療は民間部門から提供されています。料金に対する国の管理はありません。

国家に勤める人(公務員、教師など)は職業を通じて保険に加入しており、民間の矯正歯科医に行き、合意した料金を支払い、保険から矯正治療費の所定の割合が払い戻される仕組みになっています。

民間の保険は矯正治療をカバーしませんが、矯正歯科サービスには特別料金を設定しています。

 

スウェーデン

20歳未満:

一般の公共歯科サービス(Folktandvården)で行われる場合は、無料で矯正治療を受けることができます。無料で治療を受けるには、治療の適応症が特定のレベルに達している必要があります。適応症のレベルは、国内の地域(カウンシル)ごとに異なる場合があります。約30%の子供たちが無料で矯正治療を受けています。目安としては、IOTN指数がレベル3~4の間であれば、無料で矯正治療が受けられるボーダーラインとなります。

20歳以上の方:

歯科健康保険制度があり、総費用の一部が「還付金」のように患者さんに還元されます。その額はおよそ20%です。還付金は「公定価格」に基づいていますが、料金は固定ではありません。治療が始まる前に返金されなければならず、健康保険制度が必要な治療が最小限であると判断した場合、返金を拒否することができます。
不正咬合がひどく手術が必要な場合(重度のCl-IIIやCl-IIの症例、口唇口蓋裂の患者、重度の垂直・水平方向の偏位など)、比較的小さな年会費を除いて、すべての治療が無料になります。

 

イギリス

国民保健サービス(NHS)は1948年に設立され、英国内の全人口に対し、すべての医療を提供時点で無料とすることを使命としています。その需要とコストはすぐに支えきれなくなり、政府はすぐに薬の処方と成人の歯科治療に料金を導入しました。

長年にわたり、NHSの料金は着実に増加し、多くの処方箋薬の固定料金は実際のコストよりはるかに高く、成人の歯科治療費は料金の80%以上となっている。いくつかのケースでは、NHSの料金は、民間料金よりも高くなっています。

子供の歯科治療は常に無料のままである。歯科矯正のNHS料金はEUの他国と比較して低く、現在約1,200ポンドである。しかし、歯科矯正医が不足しており、需要が高く、政府から支払われる料金も信頼できるものでした。そのため、歯科矯正の大部分は、民間の専門医院と総合病院の歯科矯正科の両方で、NHSを通じて行われてきました。私費で行う矯正歯科は、成人を除いてほとんどニーズも需要もありませんでした。

英国ではNHSがあるため、最近まで民間医療保険の伝統はありませんでした。民間の医療保険は、主に内科や外科の治療、NHSの長い待ち時間の回避のために限定されてきた。歯科保険はほとんどなく、あるとしても矯正歯科(矯正歯科に付随する手術は除く)は除外されているか、料金のごく一部しか支払われていない。

歯科医師が決めた金額を患者が毎月支払うという歯科医師報酬制度が1つか2つあり、その場合、患者は通常の歯科治療を受けることができるが、歯科矯正は受けることができない。

英国での民間矯正歯科の料金体系は、総料金の約30%を前払いしてもらい、その後、事前に見積もった治療期間の残りを月々定額で請求するという方法が一般的です。英国の民間矯正歯科の料金は、場所にもよりますが、1,600ポンドから3,000ポンドの範囲です。

以前は、子供が7〜8歳の時に親がお金を払い始め、最終的に12歳くらいになると無料で矯正治療を受けられるという矯正保険制度が2つありました。この2つの制度は、親が単に銀行から借金をするよりも金利が不利になるため閉鎖されました。

現在、2〜3件の制度があり、患者は2〜3年かけて返済する無利子ローンを受けて矯正治療を受けます。歯科矯正医は治療開始時に料金の全額を受け取るが、保険会社から料金の一定割合が差し引かれ、その割合は患者の合意した返済期間によって異なる。

2006年4月1日、英国政府はNHSの下で拡大し続ける歯科矯正治療費を抑制する目的で、イングランドとウェールズで「新契約」を導入しました。歯科医師と歯科矯正医は、前年の活動量に基づいた固定額の契約を結ばされました。NHSの矯正治療費は治療終了時に支払われることになっており、矯正治療は18ヶ月から24ヶ月かかるため、矯正歯科の契約はほぼ2年前の診療活動に基づいて結ばれていました。

しかし、その2年前に開業したり、規模を拡大したりした診療所にとっては、NHSからの収入が大きく減少することになりました。同時に、政府はNHSの治療資格を定義するためにIOTNを導入しました。IOTN歯科レート4と5のみが、現在NHSの下で治療することができます。

さらに、政府は、患者の歯科医療ニーズを満たすために十分な歯科矯正医が存在しない地域であっても、新しい診療所にNHS契約を提供することに同意していない。

これらの要因により、多くの患者がNHS矯正治療を受けることができず、私的矯正治療の需要が大きく拡大しています。しかし、歯科保険は拡大しないため、患者さんは保険のサポートを受けられずに料金を支払わなければなりません。

 

 

EU 非加盟国

クロアチア

クロアチア健康保険協会(CIHI)は唯一の政府医療保険機関であり、あらゆる種類の治療、すべての不正咬合、18歳までのすべての患者の歯列矯正料金を完全にカバーしています。他の保険会社、政府機関、民間企業では、矯正歯科治療をカバーするものはありません。

CIHIがカバーする料金は厚生省によって決定され、X線写真を含む固定装置治療の平均料金は、不正咬合の程度と治療期間によって800から1500ユーロの間で変動します。また、顎矯正手術は年齢に関係なくCIHIによって全額カバーされます。

18歳以上の患者と18歳未満の個人患者の場合、料金は1000から2500ユーロの間となります。X線写真を含む取り外し可能な装置の治療費は、平均して年間250から300ユーロの間となります。

 

アイスランド

アイスランドでは、矯正歯科治療に支払われるシステムは1つだけで、これは固定額です。矯正歯科医が取る治療費は、矯正歯科医自身が決定します。アイスランドでの平均的な矯正治療費は3500〜5000ユーロです。

アイスランドには矯正治療をカバーする民間保険会社はなく、すべて税金で賄われる社会保険制度でカバーされています。

21歳未満で片方の顎に固定式の矯正治療が必要な場合、公的保険(政府)がISK 150,000(EU880に相当)を負担しています。

すべての手術は病院内で行われるため、患者の負担はありません。

唇顎口蓋裂の患者さんのような稀なケースでは、3000ユーロまで(公立病院で行われるため手術代は除く)が公的保険制度で支払われます。残りの費用は自己負担となります。

 

ノルウェー

ノルウェーの医療費は、「公定価格」に基づいて支払われます。この価格は政府によって設定され、毎年調整されます。歯科矯正医が患者さんに請求する金額を決定します。

最初の2回の訪問(1回目:コンサルテーションとOPG、2回目:記録採取とケーススタディ)の費用と払い戻しは以下の通りです。

費用の種類  正式な価格  返金
コンサルテーション   54     33
OPG          48     28
セフ           57     35
模型          117     70
8 写真         32     19
合計          308     185

18歳未満の患者さんには、治療の必要がない場合でも、これらの記録に対して同じ返金が行われます。

治療が始まると、治療の必要性に応じて払い戻しが行われます。大きく3つのグループに分かれます。

Aグループ(100%払い戻し)

A1:口蓋裂の患者様
A2:リストに記載された遺伝性頭蓋顔面疾患の患者様
A3:病院または大学病院と共同で治療計画を立てた顎矯正手術の患者(年齢制限なし)。

Bグループ(75%払い戻し)

B1: 9mm以上のオーバージェット
B2:片側交叉咬合または鋏状咬合で3対以上の歯が強制的に咬合しているもの
B3:臼歯部のみ接触するオープンバイト
B4:犬歯や切歯のインパクトがあり、チェーンによる積極的な "萌出 "が必要な症例
B5:クラスIIIの症例で、すべての切歯が逆さまになっているもの
B6:切歯が欠損している、または失った場合
B7:下顎の切歯が上顎の口蓋粘膜に当たっているディープバイト
B8:両側2対以上の歯を含む両側のシザーズバイト
B9:同一部位で2歯以上欠損している(無茎症)。(第3大臼歯は含まれません)
追加:小臼歯欠損(無歯顎)後のスペースが完全に閉じていれば、B群として認められます。また、上顎の切歯が下顎の切歯を6mm以上覆っているディープバイトの場合もBグループに入ります。

Cグループ (40%返金)

C1:オーバージェット6〜9mm
C2: 3対以上の歯を含むオープンバイト
C3:歯が反転している
C4: 下切歯の切縁が上切歯の歯肉25%に当たる深い咬み合わせ
C5:小臼歯または臼歯の欠損
C6: Diastema medialeが3mm以上、または切歯間のスペースが大きい(両顎の場合)。スペースの大きさを明記する必要があります。
C7: 切歯のスペースが3mm以上ないもの
C8:咬合障害と患者からの強い自覚的機能障害-症状を併せ持つもの(明記すること)

兄弟姉妹に矯正治療を受けた方がいる場合、返金額が増額されます。B群:75%から90%に増加。Cグループ:40%から60%に増額されます。この増額分は、お子様の両親が異なる場合(離婚)でも認められます。

治療開始時の料金は以下の通り:

Norway_OrthodonticStartsPrice

固定式装置の価格には、バンド、ブラケット、アーチワイヤーが含まれます。一度の来院で複数の作業を行う場合、矯正歯科医は最初の作業に対して「全額」を請求することができます(例えば、ベンド付きアーチワイヤー交換(804b))。反対側の顎のアーチワイヤーを変更する場合は、804f(追加手術)を使用する必要があります。一度に数本の804fを使用することができます。これらの料金にはアーチワイヤーが含まれています。

 

スイス

健康保険が異なるため、かなり複雑なシステムになっています。

1. スイスに住むほとんどの人が加入している国民保険は、障害保険(Invalidity/Disability Insurance)です。

歯科矯正の約10%(最も深刻な問題)のみがスイスの障害保険に加入しています。これは国民保険であり、スイスに居住するすべての人を対象としています。ANB≧9°またはANB≦-1°で前方交叉咬合の場合、spp-spa/Me-Go≧40°または≦12°の場合、この保険で治療費全額が支払われます。

12. 民間医療保険

スイスの医療保険はすべて民間企業によるものです。87の保険があり、これらの保険の基本的な治療法を記した一般法があります。歯列矯正やその他の歯科治療は、外傷や重度の埋伏歯の後を除き、基本的な保険に加入していません。

これらの保険会社の大多数は、矯正治療を含むプレミアムパッケージを提供しています。費用は一般的に50〜70%です。請求は常に患者または両親に対して行われ、健康保険から還付されることがあります。すべての患者さんが、このような矯正治療を含むプレミアムパッケージを受けられるわけではありません。歯科矯正の必要性が目に見える形で現れるずっと前に、このパッケージを選択する必要があります。多くの親御さんは、治療費の全額を自費で負担しなければならないのです。歯科矯正の保険適用が患者さん次第であることから、この制度は成功していると言えますが、その一方で、歯科矯正治療の際に経済的な援助を受けられない人がいるのも事実です。

 

トルコ

現在、我が国には単独で標準化された歯科矯正医療保険制度はありません。歯科矯正保険は、一般的な健康保険制度の一部となっています。

近年、3つの異なる社会保障機関が、社会保障機構(SGK)という一つの組織の下に集約されました。被保険者とその家族は健康保険に加入しますが、歯列矯正は18歳までとなります。矯正指数は適用されず、18歳未満の矯正はすべてSGKから支払われます。ただし、SGKはレントゲン写真の支払いを制限しています。矯正材料は自己負担となり、払い戻しはされません。
民間健康保険は、矯正治療をカバーしません。

 

 

以上をまとめたものが下表.

European Orthodontic health Insurence

* 政府からの財政援助がある場合は適用されます。
** 事故があった場合のみ
*** 治療が行われる場所によって異なります。
**** 一定の条件を満たした場合
***** 民間保険に加入している場合

 

ヨーロッパ矯正歯科専門医会連合(European Federation of Orthodontic Specialists Associations

ヨーロッパ歯科矯正医療保険