■医療費とお支払い方法

医療費は

「保険診療」の場合:

  病気の治療

「自由診療」の場合:

  予防医療(健康診断など)

  美容医療など

に分けられます.

歯並びや,顎顔面骨格の治療の場合も,

「保険診療の場合は:

 顎変形症(顎離断等の手術を必要とするののに限る) 

 厚生労働大臣が定める先天異常の疾患に起因した咬合異常

に適応され,診療報酬点数表によって算定されるため医療機関によって変わることはありません.

「自由診療」の場合は:

 容貌を美化する医療

 予防医療

 見た目をキレイにする医療

 治療期間を短縮する治療技術

などが現時点では該当します.

患者さまのご要望によって,使用する装置(治療技術)の選択ができ,これらの方法によって医療費も変わってきます.

 

■お支払い方法

自由診療における医療費の「お支払い方法(診療契約)」は,受診したクリニックの院長の考え方によって,おおよそ下記の2つの契約方法に分かれます.

【1】総額支払制:委任(請負)契約

【2】都度支払制:準委任契約(受診の都度支払う)

→ 治療費詳細はここ ←

当院では,医療行為の基本として,自由診療の場合にも【2】の準委任契約(受診の都度支払う)を採用しております.

 

解説

(委任契約と準委任契約)

(説明義務違反について)

 

矯正歯科治療を含む医療行為の診療契約は,学説的かつ通説的には委任契約(請負)ではなく,準委任契約とされています(大阪地裁平成20年2月21日判決,東京地裁平成元年3月14日判決,東京高裁昭和61年8月28日判決,東京地裁昭和46年4月14日判決など).

委任契約(請負)は,容貌の美化や見た目をよくする,例えば,口元をひっこめたい,前歯の見た目をきれいにしたいといった,治療目的が明確であり,美容医療の考えを主とした患者さまのご要望を達成する場合の支払方法と言えます.受託した業務(医療行為)による「完成」を目的とした考えによるもので,治療開始前に医療費を支払う(分割の場合もあります)場合が多いようです.したがって,期待した結果と異なったり,「完成」のレベルに相違がある場合,治療結果にご満足頂けない場合など,事前に施術医が適切な説明を行っていなかった場合(説明義務違反といいます)には返金請求が可能な場合もあります.消費者庁などに相談窓口が用意されていますのでよくご相談ください.

準委任契約とは,矯正歯科治療を含む医療行為の基本的な考えであり,受託した業務の遂行を目的としたものです.一定の結果を達成するために,現在の医療水準に従って適切な医療行為を実施するというものです.厚生労働大臣の認めた疾患による咬合異常を治療する技術や設備を備えたクリニックでの基本的な考えです.その都度の医療行為に応じて必要とする費用をお支払いいただくシステムですので,医療費は明瞭となり,「今日は何にいくらかかったのか?」 わかりやすいシステムです.費用の予定総額もお知らせすることはできます.

自由診療では,保険診療では使用できない装置治療期間を短縮する方法(コルチコトミーなど)などを適応したり,治療難易度(治療期間)から医療費が判断されることもあります.

万が一,転居などによる中断や治療結果にご満足いただけない場合は,ご納得いくまでしっかりと施術医によくご相談ください.

 

【都度支払制(準委任契約)の利点】

 治療前の診断で,「難易度が高く,治療期間も長くかかる」と予測していても,患者さまのご協力が非常に高く,予測よりもずっと早く終わってしまうこともあります.治療期間が短ければ,患者さまのご負担は少なくなります

 装置の種類や治療内容によっては,来院間隔は長く(2-3か月に1回など)なることもあります.こういった場合は,都度支払い制では,かかる治療費は少なくて済みます.

 「簡単とか困難とか」,あるいは「使用装置」によって治療前に決めてしまうよりも、実際の受診回数で難易度を判断したほうが公平です.

 調整回数が増えてしまった場合は,治療料金はゼロ(0円)とさせていただいています.治療目標に到達できるまで誠心誠意の対応をいたしております.

当院での考え方は,きちんと検査と診断を行い,計画を立てれば難しい症例というのはありません.事前によく担当医に確認し,いくつかのクリニックでお話を聞くことが大切です.

以上の理由から,当院では開設以来,【2】の都度お支払いいただく安心システムを採用しております.もちろん総額も明示しますが,「まだ行っていない医療費」や,「装着していない装置料」をいただくことはできません.

どうぞご理解ください.